だるまの由来について

だるまの由来について

縁起物になった歴史について

始まりは、延宝5(1667)年に東皐心越禅師が開山した禅宗の一派である黄檗宗の少林山達磨寺で、毎年正月に心越禅師の描いた一筆達磨の座禅像を配り札としていたことによる

その後、文化年間に達磨寺の近隣の上豊岡の山県朋五郎が達磨寺九代目住職の東獄和尚に木型を彫ってもらい和紙を張って作ったのが、高崎だるまの始まりとされている。

冬に風が強く乾燥する気候がだるま作りに適しており、農閑期の副業として盛んに行われた。

高崎だるまの歴史や特徴について

群馬県高崎市で生産されているだるま。「上州だるま」とも呼ばれているが公式名称ではない(高崎だるまが地域団体商標に登録されている)。

全国生産の80%に匹敵する年間170万個が生産されている。現代の選挙の際に立候補時に左目玉を墨で入れ、当選後に右目玉を墨で入れる「選挙だるま」のほとんどが高崎で生産されている。

冬に風が強く乾燥する気候がだるま作りに適しており、農閑期の副業として盛んに行われた。

始まりは、延宝5(1667)年に東皐心越禅師が開山した禅宗の一派である黄檗宗の少林山達磨寺で、毎年正月に心越禅師の描いた一筆達磨の座禅像を配り札としていたことによる。

その後、文化年間に達磨寺の近隣の上豊岡の山県朋五郎が達磨寺九代目住職の東獄和尚に木型を彫ってもらい和紙を張って作ったのが、高崎だるまの始まりとされている。

球に近い形状の赤色の胴体にくぼんだ白い顔がついており、そこに豪快な髭と眉毛が描かれている。この髭と眉毛は鶴と亀をあらわすという。

衣服には金色の縦縞が描かれ、正面中央や顔の左右には文字が記入される。特注でここに祈願内容など独自の文字を入れることもでき、祈願のシンボルや祝儀の贈物として広く利用されている。

モデルになった達磨大師について

達磨大師とは正しくは「菩提達磨」といい、中国禅宗の開祖とされているインド人の仏教僧です。

弟子の曇林が伝えるところによると、南インドのタミル系パッラヴァ朝において国王の第三王子として生まれ、中国で活躍した仏教の僧侶。

5世紀後半から6世紀前半の人で、道宣の伝えるところによれば南北朝の宋の時代(遅くとも479年の斉の成立以前)に中国にやって来たとされている。中国禅の開祖。『景德傳燈錄』によれば釈迦から数えて28代目とされている。

インドから中国南方へ渡海し、洛陽郊外の嵩山少林寺にて面壁を行う。

確認されているだけで曇林、慧可の弟子がいる。彼の宗派は当初楞伽宗と呼ばれた。彼の事績、言行を記録した語録とされるものに『二入四行論』などがある。

目の理由について

達磨大師は壁に向かって9年間座禅を組んでいました。長い間、眠らずに座禅を組むのは大変なこと。そこで、達磨大師はまぶたを切り取って眠らないようにしました

張り子のだるまがカッと目を見開いているのは、まぶたがなくなった達磨大師を表しているからです。

ひげの理由について

達磨大師はインド人だからもともと髭が濃いのです。そして、9年もの間、髭もそらずに修行をしていた姿ですから、だるまは髭面でなくてはいけません。

赤い達磨の理由について

インドのような暑い国では、日差しを避けるために頭からずっぽり布をかぶります。それと、赤い色は仏教では位の高い人の印になります。

そのため描かれる達磨大師は、赤い布(法衣)を頭からかぶっているのです。

縁起物のだるまは、赤い法衣を身にまとった座禅姿と、江戸時代、庶民の間に禅宗が普及したことと、当時の恐ろしい流行病であった「疱瘡(天然痘の俗称)」や「はしか」などに赤ちゃんが掛からないようにとの魔除けの意味が結びつき、赤く塗られました。

願掛けの縁起物になった歴史について

だるまは、禅宗の開祖である人物、「達磨大師」が座禅を組む姿をかたどったものです。

江戸時代頃から「起き上がり小法師」とも呼ばれ、「何度倒れても起き上がる」ことから願いを託す願掛けの縁起物になっていきました。

「開運だるま大百科」より

ダルマの紹介について

長寿祝い達磨の紹介

取引先への60歳のお祝い

取引先への61歳のお祝い

取引先への70歳のお祝い

取引先への77歳のお祝い

取引先への80歳のお祝い

取引先への88歳のお祝い

取引先への90歳のお祝い

取引先への99歳のお祝い

取引先への100歳のお祝い

取引先への101歳のお祝い

 

 

お祝い達磨の紹介

取引先への社長就任祝い

取引先への栄転祝い

取引先への部長昇進祝い

取引先への退職祝い

取引先への創業記念

取引先への新築祝い

取引先への出産祝い

取引先への開院祝い

取引先への永年勤続のお祝い品

取引先の動物病院への開院祝い

二人目への初節句のプレゼント

取引先への退院祝い

ブライダル達磨の紹介

だるまの目入れを結婚式

だるまの目入れを披露宴

取引先への結婚60周年の記念品

取引先への結婚50周年の記念品

取引先への結婚40周年の記念品

取引先への結婚25周年の記念品

取引先への結婚10周年の記念品

取引先の犬好き夫婦へのプレゼント

 

商売ダルマの紹介

取引先への支店開設祝い

取引先への創立記念

取引先への新社屋お祝い

取引先の外資企業への贈り物

取引先への海外出店祝い

取引先への新会社設立祝い

取引先への事務所新築祝い

 

 

福ダルマの紹介

取引先への新装開店祝い

取引先への結婚祝い

取引先の外国人が喜ぶプレゼント

取引先への新社屋完成祝い

取引先への事務所移転祝い

取引先への新社屋落成祝い

取引先への海外進出祝い

取引先への店舗改築祝い

取引先の外国人に喜ばれる日本のお土産

ホームステイ先へのお土産

ホストファミリーへのお土産

 

必勝ダルマの紹介

必勝だるま

選挙だるま

スポーツお守りグッズ

選挙の当選祝いギフト

 

 

 

合格ダルマの紹介

合格祈願だるま

受験合格だるま

 

安全ダルマの紹介

取引先への工場新設祝い

取引先への営業所開設祝い

 

健康ダルマの紹介

取引先への入院見舞い

取引先への病気見舞い

取引先への厄年の贈り物

金運ダルマの紹介

取引先への開業祝い

取引先の中国人へのプレゼント

 

オーダーメイド達磨の紹介

特注だるま

愛犬用の誕生日のお祝いグッズ

 

カラー達磨の紹介

取引先の法人成り

取引先への祝賀会

取引先の企業のイベント

取引先への記念式典

取引先への引っ越し祝い

取引先の企業のパーティー

ワンちゃん達磨の紹介

犬好きな取引先へのプレゼント

取引先への妊娠祝い