取引先への厄年の贈り物

取引先への厄年の贈り物に最適な厄除け祈願だるま

取引先への厄年の贈り物:右側

取引先への厄年の贈り物:正面

取引先への厄年の贈り物:左側

◎厄除けグッズをプレゼントするのにおすすめ

こちらの「厄除け祈願だるま」は、

「厄年になられる方への贈り物」

「メッセージを寄せ書きしてプレゼントするための寄せ書きグッズ」

などに最適な商品です。

「厄除け祈願だるま」のお腹には、「厄除」の文字と「厄年になられる方のお名前」をお入れいたします。

また、厄除け祈願だるまは「身体に不調をもたらす邪気を追い払う効果」と「空間に元気を招く効果」があるといわれる、赤色で包み込みました。

さらに、顔の左右には、「病気せず、健康であること」の意味が込められた「無病息災」の文字と、「家族に事故や病気がないこと。家族一同が息災であること」の意味が込められた「家内安全」の文字が書いてあります。

「厄年の間は大病など患うことなく、平穏無事な日々を過ごしてほしい」そんな当店からの思いが、この二つの言葉には込められています。

こちらの厄除け祈願だるまは、厄年の3年間が過ぎ去るまで、飾っていただきたいと思っています。

☆目の入れ方や特徴について

☆年末にご注文頂く際のお願いについて

こちらの商品を年末にご注文いただく場合は、「必ず11月末日までに」ご注文ください

12月1日以降にご注文いただいた場合、「1月の中旬以降のお渡し」になりますので、よろしくお願いいたします。

達磨の取り扱い通販サイトと紹介について

こちらの「厄除け祈願ダルマ」は、「高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。
高崎だるま通販サイト鈴屋の公式サイトへ

健康ダルマの紹介

取引先への入院見舞い

取引先への病気見舞い

取引先への厄年の贈り物

長寿祝い達磨の紹介

取引先への60歳のお祝い

取引先への61歳のお祝い

取引先への70歳のお祝い

取引先への77歳のお祝い

取引先への80歳のお祝い

取引先への88歳のお祝い

取引先への90歳のお祝い

取引先への99歳のお祝い

取引先への100歳のお祝い

取引先への101歳のお祝い

 

 

お祝い達磨の紹介

取引先への社長就任祝い

取引先への栄転祝い

取引先への部長昇進祝い

取引先への退職祝い

取引先への創業記念

取引先への新築祝い

取引先への出産祝い

取引先への開院祝い

取引先への永年勤続のお祝い品

取引先の動物病院への開院祝い

二人目への初節句のプレゼント

取引先への退院祝い

ブライダル達磨の紹介

だるまの目入れを結婚式

だるまの目入れを披露宴

取引先への結婚60周年の記念品

取引先への結婚50周年の記念品

取引先への結婚40周年の記念品

取引先への結婚25周年の記念品

取引先への結婚10周年の記念品

取引先の犬好き夫婦へのプレゼント

 

商売ダルマの紹介

取引先への支店開設祝い

取引先への創立記念

取引先への新社屋お祝い

取引先の外資企業への贈り物

取引先への海外出店祝い

取引先への新会社設立祝い

取引先への事務所新築祝い

 

 

福ダルマの紹介

取引先への新装開店祝い

取引先への結婚祝い

取引先の外国人が喜ぶプレゼント

取引先への新社屋完成祝い

取引先への事務所移転祝い

取引先への新社屋落成祝い

取引先への海外進出祝い

取引先への店舗改築祝い

取引先の外国人に喜ばれる日本のお土産

ホームステイ先へのお土産

ホストファミリーへのお土産

 

必勝ダルマの紹介

必勝だるま

選挙だるま

スポーツお守りグッズ

選挙の当選祝いギフト

 

 

合格ダルマの紹介

合格祈願だるま

受験合格だるま

 

安全ダルマの紹介

取引先への工場新設祝い

取引先への営業所開設祝い

 

金運ダルマの紹介

取引先への開業祝い

取引先の中国人へのプレゼント

 

オーダーメイド達磨の紹介

特注だるま

愛犬用の誕生日のお祝いグッズ

 

カラー達磨の紹介

取引先の法人成り

取引先への祝賀会

取引先の企業のイベント

取引先への記念式典

取引先への引っ越し祝い

取引先の企業のパーティー

ワンちゃん達磨の紹介

犬好きな取引先へのプレゼント

取引先への妊娠祝い

 

厄除けのマナーについて

厄年とは

厄年というのは、災難や不幸に出会うことが多いとされる男女の年齢を指します。

男性の一般的な厄年:二十五歳、四十二歳、六十一歳

女性の一般的な厄年:十九歳、三十三歳、三十七歳

とくに男の四十二歳は「死に」女の三十三歳は「散々」に通じるということで、一生のなかでも大厄とされ、厄年の前年の前厄、厄年の後年のはね厄と合わせて、前後三年間続く、とされます。

もともとは、平安時代の陰陽道の考えにもとづいて広まったものですが、一般的に、男女ともこの年齢になると、体調の点でも、また社会的役割の点でも大きな変化が起こりやすいため、この信仰がいまだに影響を与えている面もあると考えられます。

地域によっては、干支にもとづき、十二年ごとにめぐって来る生まれ年の十三歳、二十五歳、三十七歳、四十九歳、六十一歳、七十三歳、八十五歳、九十九歳を厄年としているところもあります。

方法について

厄除けの方法については色々言われていますが、ここでは一般的な5つの厄除け方法について紹介いたします。

1.佐野厄除け大師、川崎大師、浅草寺の観音様など、とにかく有力な寺社へ参詣して厄除け祈願をしてもらう

2.年頭に、家族や縁者・友人を招いて酒盛りをし、厄を落とす。

3.節分の夜に、身に着けている物を道に捨てる

4.小豆ご飯やお餅、お金などを、十字路、または町からちょっと出たところにポンと捨ててくる

5.餅まきをしたり、果物やお菓子をみんなに配ったりする

「日本人のしきたり」より

「暮らしに生きる日本のしきたり」より

「日本人の縁起かつぎと厄払い」より