だるま通販と高崎だるま販売 | だるまの通販と販売なら高崎だるま.com

高崎だるま.comについて

高崎だるまの特徴

高崎だるまの特徴

高崎だるまの
「由来」
「歴史」
「特徴」
「顔の絵柄の意味」
「色の意味」
「仕様」
などを解説しています。

だるまの目の入れ方

だるまの目の入れ方

だるまの目の入れ方に関する
「目入れに最適な文房具」
「目入れのタイミング」
「左右のどちらから入れたらいいのか」
などを解説しています。

だるまの供養の方法

だるまの供養の方法

だるまの供養の方法に関する
「交換の時期」
「古い達磨をどうしたらいいか」
などを解説しています。

高崎だるまの紹介

高崎だるまの紹介

「必勝だるま」「合格だるま」「商売だるま」
などの定番のダルマから、

「長寿祝いだるま」「結婚記念だるま」「冠婚葬祭だるま」
などといった、オリジナル達磨など、

様々な達磨を紹介しています。

だるま販売店の紹介

だるま販売店の紹介

「通販サイトを運営しているので、お客様が希望する高崎だるまを作成し、日本中どこにでもお送りしている」
だるま販売店を紹介しています。

ダルマの紹介について

長寿祝い達磨の紹介

取引先への60歳のお祝い

取引先への61歳のお祝い

取引先への70歳のお祝い

取引先への77歳のお祝い

取引先への80歳のお祝い

取引先への88歳のお祝い

取引先への90歳のお祝い

取引先への99歳のお祝い

取引先への100歳のお祝い

取引先への101歳のお祝い

 

 

お祝い達磨の紹介

取引先への社長就任祝い

取引先への栄転祝い

取引先への部長昇進祝い

取引先への退職祝い

取引先への創業記念

取引先への新築祝い

取引先への出産祝い

取引先への開院祝い

取引先への永年勤続のお祝い品

取引先の動物病院への開院祝い

二人目への初節句のプレゼント

取引先への退院祝い

ブライダル達磨の紹介

だるまの目入れを結婚式

だるまの目入れを披露宴

取引先への結婚60周年の記念品

取引先への結婚50周年の記念品

取引先への結婚40周年の記念品

取引先への結婚25周年の記念品

取引先への結婚10周年の記念品

取引先の犬好き夫婦へのプレゼント

 

商売ダルマの紹介

取引先への支店開設祝い

取引先への創立記念

取引先への新社屋お祝い

取引先の外資企業への贈り物

取引先への海外出店祝い

取引先への新会社設立祝い

取引先への事務所新築祝い

 

 

福ダルマの紹介

取引先への新装開店祝い

取引先への結婚祝い

取引先の外国人が喜ぶプレゼント

取引先への新社屋完成祝い

取引先への事務所移転祝い

取引先への新社屋落成祝い

取引先への海外進出祝い

取引先への店舗改築祝い

取引先の外国人に喜ばれる日本のお土産

ホームステイ先へのお土産

ホストファミリーへのお土産

 

必勝ダルマの紹介

必勝だるま

選挙だるま

スポーツお守りグッズ

選挙の当選祝いギフト

 

 

 

合格ダルマの紹介

合格祈願だるま

受験合格だるま

 

安全ダルマの紹介

取引先への工場新設祝い

取引先への営業所開設祝い

 

健康ダルマの紹介

取引先への入院見舞い

取引先への病気見舞い

取引先への厄年の贈り物

金運ダルマの紹介

取引先への開業祝い

取引先の中国人へのプレゼント

 

オーダーメイド達磨の紹介

特注だるま

愛犬用の誕生日のお祝いグッズ

 

カラー達磨の紹介

取引先の法人成り

取引先への祝賀会

取引先の企業のイベント

取引先への記念式典

取引先への引っ越し祝い

取引先の企業のパーティー

ワンちゃん達磨の紹介

犬好きな取引先へのプレゼント

取引先への妊娠祝い

 

高崎だるまの情報について

高崎だるまとは

群馬県高崎市で生産されているだるま。「上州だるま」とも呼ばれているが公式名称ではない(高崎だるまが地域団体商標に登録されている)。

全国生産の80%に匹敵する年間170万個が生産されている。現代の選挙の際に立候補時に左目玉を墨で入れ、当選後に右目玉を墨で入れる「選挙だるま」のほとんどが高崎で生産されている。

冬に風が強く乾燥する気候がだるま作りに適しており、農閑期の副業として盛んに行われた。

歴史について

始まりは、延宝5(1667)年に東皐心越禅師が開山した禅宗の一派である黄檗宗の少林山達磨寺で、毎年正月に心越禅師の描いた一筆達磨の座禅像を配り札としていたことによる

その後、文化年間に達磨寺の近隣の上豊岡の山県朋五郎が達磨寺九代目住職の東獄和尚に木型を彫ってもらい和紙を張って作ったのが、高崎だるまの始まりとされている。

顔の絵柄の特徴や意味について

球に近い形状の赤色の胴体にくぼんだ白い顔がついており、そこに豪快な髭と眉毛が描かれている。この髭と眉毛は鶴と亀をあらわすという。

高崎だるまの顔の絵柄の意味

カラーの意味について

だるまというと、真っ先に思い浮かぶのは、「赤色のだるま」なのではないかと思いますが、元々中国から入ってきたときは「黄色い色」をしていました。

その後、日本に入ってきたあと、黄色ではなく、赤色のだるまが広まっていくことになるのですが、現在では赤色だけでなく、金色・銀色・白色・青色・緑色・桃色・橙色・黒色・黄色・紫色など、様々な色をしただるまが販売されています。

下記に、様々な色の中でも、特に人気の高い、黒色・青色・金色・赤色・白色の意味について説明しています。

☆黒色の意味

黒色のイメージには、強さ、恐怖、孤独、反抗、暗さ、クール、威圧的、邪悪、不吉、悲しみ、高級感、シック、カッコいい、フォーマル、絶望感、夜、闇、葬儀、死、殺人、ファッション、などがあります。

縁起物としての場合の黒色は、「空間に金運を招き、安定させるパワーがある」、または、「黒字を招く」と言われておりますので、商売に関わるだるまにオススメです。

☆青色の意味

青色のイメージには、冷たい、冷静、神秘的、孤独、静か、知的、爽やか、信頼、自由、平和、誠実、憂鬱、澄んだ、遠い、真面目な、空、海、制服、サッカー、などがあります。

縁起物としての場合の青色は、「空間に落ち着きをもたらす」と言われておりますので、店舗、事務所、自宅を落ち着いた空間にさせたい場合や、身体をリラックスさせたい場合などにオススメです。

☆金色の意味

金色のイメージは、そのままですが「お金」と、キラキラ輝いているイメージがあります。

縁起物としての場合の金色は、「空間に金運を招き、動かすパワーがある」と言われておりますので、店舗や事務所に飾る商売に関わるだるまがオススメですが、ご自宅に飾って家の中を明るく照らすのにもオススメです。

☆赤色の意味

赤色のイメージには、熱い、強い、危険、けばけばしい、闘争、怖い、派手な、情熱的な、明るい、活動的な、興奮、愛、怒り、嫉妬、歓喜、緊張、エネルギー、血、太陽、炎、などがあります。

縁起物としての場合の赤色は、「強力な魔除けの効果」と、「空間にエネルギーをもたらしてくれる効果がある」と言われております。「店舗や自宅に運気を低下させる邪気を侵入させたくない場合」や、「従業員や家族を元気にさせたい場合」にオススメです。

☆白色の意味

白色のイメージは、純粋、神聖、清潔、無垢、明るい、平和、自由、善、潔白、無、緊張、宗教、未来、雪、うさぎ、白衣、看護師、花嫁、などがあります。

縁起物としての場合の白色は、「まっさらで穢れていない処女性のイメージ」がありますので、そういったイメージが似合う店舗や事務所に飾ったり、スポーツ、部活、武道など、ひたむきで純粋なイメージが似合う活動の練習場や道場などに飾ったりするのがオススメです。

また、白色は、他色のだるまの効果をサポートしてくれる効果もありますので、他色のだるまと一緒に飾るのもオススメです。

交換の時期について

だるまは、何でも叶えてくれる万能の縁起物ですが、ご利益の期限は1年間と言われています。

新年や、年度の変わり目には、新しいだるまをお買い求めいただき、新しいだるまに新たな願いを込めて、左目(正面から向かって右側の目)をお入れになってください。

また、願い事が叶っていない場合についてですが、願い事が100%叶っていなくても、区切りと致しまして、新しいだるまをお買い求めになってください。そして、新しいだるまに新たな願いを込めてください。

なお、願い事が叶った場合についてですが、

1.願いが叶った古いだるまは供養し、翌年は「一回り大きなサイズのだるま」をお買い求めになる。

2.願いが叶った古いだるまを供養せずに取って置き、「新しいだるま」と一緒に並べる。

3.願いが叶っただるまと「同じサイズのだるま」を、新たにお買い求めになる。

など、色々な説がございますので、ご自分でお好きな方法をお選びになってください。

目の入れ方について

目入れの作法・1

1.お買い求めになられたら、左側(正面から向かって右側)に願いを込めて左目を入れてください。

目入れの作法・2

2.願いが叶ったら右側(正面から向かって左側)に、感謝を込めて右目を描いてください。

供養の方法について

古いだるまの供養の仕方ですが、地元で「どんど焼き」などがある場合は、その際に感謝の心を込めてお焼きになるか、お近くの「お寺」にお納めになってください。

家の近くに「どんど焼き」の風習も「お寺」もない場合は、お近くの「神社」にお納めになってください。

よく、「お寺でも神社でもどちらでもいい」というサイトも見かけますが、「だるま」は元々、仏教の僧侶である「達磨大師」をモチーフに作られたものですので、出来ればお寺にお納めになられるのがよろしいと思われます。