取引先への支店開設祝い

取引先への支店開設祝いに最適な商売繁盛だるま・黄色

取引先への支店開設祝い:右側

取引先への支店開設祝い:正面

取引先への支店開設祝い:左側

◎胡蝶蘭以外のお祝いギフトにおすすめ

こちらの「商売繁盛だるま(黄色)」は、

「飲食店など、店舗の開店祝いやオープン祝いのプレゼント」

「胡蝶蘭以外の支店開設祝いの贈り物」

「ビジネス相手への新社屋のお祝いギフト」

「お祝いのコメントを寄せ書きし、プレゼントするためのメッセージグッズ」

などに最適な開店祝いグッズです。

こちらの「商売繁盛だるま(黄色)」のお腹には「商売繁盛」の文字、

顔の左右には「千客万来」「大願成就」の文字がそれぞれ書いてあります。

また、黄色は「空間に金運を招き、動かすパワーがある」と言われており、西に黄色いものを置くと「財運が上昇する」と言われています(元々、中国から伝わってきたときのだるまの色は黄色でした)ので、

「お客様と金運を招きよせて商売を繁盛させたい」

方にももちろんオススメです。

☆目の入れ方や特徴について

達磨の取り扱い通販サイトと紹介について

こちらの「商売繁盛ダルマ・黄色」は、「高崎だるま通販サイト鈴屋 公式サイト」にて、販売しております。
高崎だるま通販サイト鈴屋の公式サイトへ

商売ダルマの紹介

取引先への支店開設祝い

取引先への創立記念

取引先への新社屋お祝い

取引先の外資企業への贈り物

取引先への海外出店祝い

取引先への新会社設立祝い

取引先への事務所新築祝い

 

 

長寿祝い達磨の紹介

取引先への60歳のお祝い

取引先への61歳のお祝い

取引先への70歳のお祝い

取引先への77歳のお祝い

取引先への80歳のお祝い

取引先への88歳のお祝い

取引先への90歳のお祝い

取引先への99歳のお祝い

取引先への100歳のお祝い

取引先への101歳のお祝い

 

 

お祝い達磨の紹介

取引先への社長就任祝い

取引先への栄転祝い

取引先への部長昇進祝い

取引先への退職祝い

取引先への創業記念

取引先への新築祝い

取引先への出産祝い

取引先への開院祝い

取引先への永年勤続のお祝い品

取引先の動物病院への開院祝い

二人目への初節句のプレゼント

取引先への退院祝い

ブライダル達磨の紹介

だるまの目入れを結婚式

だるまの目入れを披露宴

取引先への結婚60周年の記念品

取引先への結婚50周年の記念品

取引先への結婚40周年の記念品

取引先への結婚25周年の記念品

取引先への結婚10周年の記念品

取引先の犬好き夫婦へのプレゼント

 

福ダルマの紹介

取引先への新装開店祝い

取引先への結婚祝い

取引先の外国人が喜ぶプレゼント

取引先への新社屋完成祝い

取引先への事務所移転祝い

取引先への新社屋落成祝い

取引先への海外進出祝い

取引先への店舗改築祝い

取引先の外国人に喜ばれる日本のお土産

ホームステイ先へのお土産

ホストファミリーへのお土産

 

必勝ダルマの紹介

必勝だるま

選挙だるま

スポーツお守りグッズ

選挙の当選祝いギフト

 

 

 

合格ダルマの紹介

合格祈願だるま

受験合格だるま

 

安全ダルマの紹介

取引先への工場新設祝い

取引先への営業所開設祝い

 

健康ダルマの紹介

取引先への入院見舞い

取引先への病気見舞い

取引先への厄年の贈り物

金運ダルマの紹介

取引先への開業祝い

取引先の中国人へのプレゼント

 

オーダーメイド達磨の紹介

特注だるま

愛犬用の誕生日のお祝いグッズ

 

カラー達磨の紹介

取引先の法人成り

取引先への祝賀会

取引先の企業のイベント

取引先への記念式典

取引先への引っ越し祝い

取引先の企業のパーティー

ワンちゃん達磨の紹介

犬好きな取引先へのプレゼント

取引先への妊娠祝い

 

お祝いのマナーについて

お祝いメールの文例と定形の書き方について

拝啓 貴社いよいよご発展のことと存じます。平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼を申し上げます。

さて、このたびは、昨年の○○、○○につづき、新たに○○にも支店をご開設とのこと、まことにおめでとうございます。

既存の支店もたいへん好業績と伺っており、貴社の着実かつ見事なご躍進ぶりには、ただただ眼を見張るばかりでございます。

これも、社長の卓越したご着眼とご手腕によるものと、心より敬服いたしております。

貴社ますますのご隆盛をお祈り申し上げますとともに、今後ともよろしくお引き立てのほど、衷心よりお願い申し上げます。

まずは略儀ながらお祝いを申し上げます。

敬具

おすすめなお祝いギフトについて

開業祝いの贈り物には縁起物を贈る習慣があります。具体的な品としては、

「だるま」

「招き猫」

「七福神の置物」

「たぬきの置物」

『「大入り」と書かれた額』

などがあります。

☆お店へのお祝いギフト

しかし、友人・知人としてお祝いする場合は、縁起物にこだわる必要はありません。

本人の希望を優先し、お店やオフィスで使うタオルや、花瓶、石鹸、傘立てなどの実用品を贈っていただいても結構です。

胡蝶蘭などお花のマナーについて

もし迷ったときは、生花などが無難です。

「胡蝶蘭や観葉植物などの鉢植え」

「お祝いスタンド花」

「フラワーアレンジメントの花かご」などがよろしいでしょう。

開業祝いにお花を贈る場合、5千~1万円が金額の相場になります。

おすすめ出来ない贈り物について

開業祝いの贈り物には、「燃える」「倒れる」などの忌み言葉を連想させるものや、「水に流れる」「お茶をひく」などの忌み言葉を連想させるものは避けるようにしてください。

具体的には、

「ストーブ」

「キャンドル」

「ランプ」

「灰皿」

「ライター」

「水に関わるもの」

「お茶」

などは避けるようにしてください。

お祝いの金額の相場について

一般的に目上の人に現金を包むのは失礼とされていますが、開業祝いの場合は問題ありません。

相場の目安:身内なら1万円~5万円

相場の目安:友人なら5千円~1万円

お祝いギフトに添えるメッセージカードの文例について

・ご開業を祝し、今後のご繁栄をお祈りいたします。

・ご開業を祝し、ご繁盛を祈ります。

・新築開店おめでとうございます。

・多年の願いがかなったご開店、心からお祝い申し上げます。ドッとお客様に来て頂けるよう祈っております。

・千客万来、商売繁盛、念願成就、あなたのオールマイティを期待しております。おめでとうございます。

・微力ですがお力になれるのが楽しみです。力を合わせてお店を繁盛させたいと心から願っております。今後のご活躍をお祈りいたします。

「電報文例集」より

「NTT D-MAIL」より

「冠婚葬祭 マナーの便利帖」より